誤った自己処理方法が原因で出来る埋没毛の対策一覧!

ムダ毛処理を行う人の中には、毛抜きやカミソリを使った自己処理を行っている人も多いと思います。

手軽に道具が手に入り、簡単にムダ毛処理できるので選ばれやすい方法ですが、間違った方法で処理するとお肌を傷めることになりかねません。

特にムダ毛を自己処理した時にお肌や毛穴を傷めてしまうと「埋没毛」という現象が起きてしまうので注意が必要です。

埋没毛とは、ムダ毛処理した時にお肌を傷つけることが原因で、痛んだお肌が治る時に毛穴の入り口部分をカサブタでフタをするようにしてしまうことで起きます。

出口が塞がれた毛穴の中でも次の体毛は生えてきますので、皮膚の中で毛が成長してしまいます。

成長した体毛は、まるで皮膚の上に黒いブツブツができたように見えるため「埋没毛」と呼ばれるのです。

皮膚の下なので簡単にとることもできず、無理やりとってしまうとさらに大きな怪我につながってしまいます。

見た目にも良くないので、ムダ毛処理を気にする季節にはかなり厳しい状況となってしまいます。

埋没毛を起こさせないためには以下の対策を行うことです。

・埋没毛を起こしやすい毛抜きやカミソリの使用を辞めること

脱毛用の電気シェーバーであれば、毛穴への刺激は少なくて済みますし、お肌も傷つけません。

それだけで埋没毛になりにくくなります。

・自己処理した後はしっかりと保湿ケアを行う。

毛穴の傷をそのままほおっておくことが埋没毛につながります。

毛穴とお肌のダメージを早期に回復させるためにも、自己処理後はしっかり保湿ケアを行いましょう。

・思い切って脱毛サロンで脱毛する。

脱毛サロンで使用する脱毛機であれば、埋没毛の心配もありません。

脱毛が済めばムダ毛の問題で悩むこともなくなるので、埋没毛の問題も解決します。

毛抜きや剃刀を使った自己処理では、他にも「毛嚢炎」と呼ばれる大きなニキビのような炎症を起こすこともありますし、肌トラブルにつながりやすいのです。

可能であれば今すぐ自己処理方法を変更することをおススメします。

今すぐがムリならとりあえず保湿ケアをしっかりするところから始めてください!