脱毛後の肌ケアは徹底的にしよう!特に紫外線には気を付けて!

脱毛後のアフターケアには注意しなければいけない点がいくつかあります。

脱毛後のお肌は少なからずダメージを受けていますので、とても敏感でデリケートになっています。

ですから、きちんとアフターケアを行わないと肌トラブルに繋がりかねないのです。

とくに脱毛後のお肌に紫外線は敵ですので気を付けなければなりません。

なぜ紫外線がダメかと言いますと、脱毛後は肌が乾燥した状態になっています。

その乾燥したお肌に紫外線を浴びてしまうと、さらに乾燥してしまい炎症や痛みなどの症状が出てしまう場合があるからなのです。

紫外線対策として、日焼け止めクリームを必ず塗ってから外出すること、または帽子など紫外線を受けにくくする物を着用するようにしましょう。

また、脱毛サロンで施術の際に使用された光で刺激を受けている肌に、紫外線が当たってしまいますとシミや黒ずみになって跡が残ってしまうケースもあります。

脱毛中に日焼けをしてしまうと、脱毛効果が薄れる場合がありますので、脱毛を続けていきたい場合は日焼けには十分注意しましょうね。

脱毛を受ける時期も重要で、夏場は海水浴やプールなど外のレジャーも多く外出するだけでも大量の紫外線を浴びてしまいますので、紫外線の比較的少ない秋や冬などを選び、施術を受けるのも方法の1つです。

また、脱毛後の乾燥したお肌を守ってあげる為には念入りな保湿を怠らないようにすることです。

保湿用品の中でもなるべく低刺激の物を選ぶとベストです。

ボディクリームや、界面活性剤の使用されていない天然成分で作られた保湿クリームがいいでしょう。

脱毛サロンによっては、施術前にお肌の水分量を測るサロンもありますし、乾燥しすぎている場合は予約をしていても施術を受けさせてもらえず断られるサロンもあります。

せっかくキレイになる為にサロンに行くのですから、帰宅してからのケアを怠ったがために肌のトラブルを起こしてしまって通院する羽目になってしまったり、施術を受けさせてもらえなかった、なんてことのないように、紫外線に気をつけ、保湿をきちんとするようにしましょう。