脱毛当日のお酒は肌トラブルのもとなので飲むのは控えて!

脱毛を受けるには、いくつかの注意点があります。

その1つに脱毛前・脱毛後は飲酒を控えましょう、という注意点があります。

いったい、なぜアルコール摂取がだめなのでしょうか?

なぜかと言いますと、脱毛の施術には光やレーザーを使用します。

その刺激によって施術後は体温が上昇し、肌は刺激を受けた状態になっています。

肌が刺激を受け敏感になり、血行がよくなっている状態で飲酒をしてしまうと

更に血行を促進してしまい、体温を上昇させてしまうので、赤くなったり

湿疹やかゆみなどの肌トラブルが起こる原因になるからです。

また、脱毛時の痛みが増してきてしまう場合もあります。

ならば脱毛前なら、飲酒は大丈夫なんじゃないのか?というとこちらもNGです。

脱毛前も、脱毛後と同じ原理で、脱毛を受ける前に血行がよくなり

体温が高い状態で施術を受けると、脱毛後に赤みが出たり湿疹が出たり強い痛みを感じ

てしまうなど、刺激を受けやすくなってしまいますので、必ず飲酒は控えたうえで

脱毛を受けるようにしましょう。

とはいえ、お酒が好きな方には禁酒はキツイですよね。

いったいどのくらいの期間我慢すれば飲酒可能なのかと言うと、脱毛サロンに行く

前後1日ずつだけはお酒を我慢しましょう!!

『少しくらい飲んでもたいしたことないし、大丈夫だろう』と甘く見ていると、大きな

怪我に繋がり、病院で治療を受けなければいけなくなった、という事態になりかねませ

ん。

実際、なんとなく大丈夫だろうと施術当日に飲酒してしまい、皮膚に湿疹ができて

真っ赤になってしまったという例も報告されています。

万が一トラブルになり、通院を余儀なくされた場合は、治療費がサロン負担の場合でも

自分の不手際でのトラブルとして、治療費は自己負担になる可能性大ですので

注意が必要です。

トラブルが起こった為に、サロンに通う回数も増えてしまう場合もあるので

無駄な出費にも繋がってしまいます。

どうしても断れない飲み会や約束がある場合は、脱毛サロンの予約を変更するなどして

対応し、ベストな状態で施術を受けるように心がけましょう。