脱毛施術前後1週間は特に紫外線に注意!

脱毛を受ける前と受けた後に特に注意する事って何でしょう?

やはり一番に挙げられるのが、紫外線です。

脱毛を受けるにあたって、紫外線や日焼けは一番の敵になります。

その理由として、紫外線を浴びる事によって、当然肌が日焼けをしてしまう事になりますよね。

日焼けをしてしまうと、お肌が軽い火傷の状態になってしまいます。

また、お肌が乾燥する事にも繋がってしまうので、脱毛をする際には絶対に日焼けをしてはいけません。

日焼けをしてダメージを受けたお肌で脱毛をしてしまうと、健康な肌では何の問題もないのに、日焼けをしたがために、お肌が何らかのダメージを受けてしまう可能性があります。

例えば、日焼けをした箇所に過剰に反応してしまったり、更に火傷を起こしてしまったりと、危険です。

日焼けをしたら人間の目には火傷していたり、乾燥をしているように見えないかもしれませんが、実は肌組織にはダメージがかかっているのです。

また、日焼けによって肌の温度も上がってしまっていたり、ほてっている場合もあると思いますが、こういった場合は、脱毛は避けるべきでしょう。

脱毛をして更に温度が上がってしまったり、こちらも火傷に繋がってしまう可能性があります。

あまりにもひどく日焼けをしてしまった場合は、肌の状態を見て、脱毛自体受けられない可能性もあるので、注意してください。

せっかく予約を取ったのに、脱毛が受けられない、日焼けが引くまで受けられないとなるとショックですよね。

自分が原因で脱毛を受けられない場合、こちらがキャンセル料を払ったり、予定を延期したりと、面倒に感じる事も多いと思います。

そうならないように、脱毛期間中は少なくとも日焼け対策を万全にしましょう。

また、特に脱毛施術前後一週間は紫外線と日焼けに気を付けるようにした方が良いです。

夏場は暑いかもしれませんが、長袖を着て、日傘や日焼け止めも使うようにしましょう。

綺麗なお肌を手に入れるためには、お肌の事を常に気遣うようにしましょう。